IT

ITエンジニアに就職/転職するための「3つの心構え」

 

今回は、未経験でITエンジニアに就職/転職するための
3つの心構えをご紹介していきます。

筆者は未経験で中小企業のITエンジニアに就職して、
現場に入ってから知ることが多かったので・・・

ITエンジニアは毎日勉強し続ける仕事

ITエンジニアは毎日勉強しなくてはなりません。

ITの仕事は必要とされる知識の量が多いため、未経験者の場合、
毎日の勉強は欠かせません。
(業務時間内で学べるが、業務時間内の勉強だけでは足りない)

そして、「IT」と一言でいっても、
プログラマー、ネットワークエンジニア、サーバーエンジニア、
その他サポートデスクなど・・・色々な分野があります。

ITの世界では、どんな分野でも技術は日々更新されています。

最初は基礎的な勉強が一番ですが、新しい技術・知識の勉強も必要です。

そのため、ITエンジニアには毎日勉強する心構えが必要です。

客先常駐の場合どんな仕事をするかはランダムで決定

一般的な中小のIT企業に就職する場合は、「客先常駐」という形態で
働くことがほとんどです。

「客先常駐」とは自分の会社でなく別の会社に出向し、
出向先のオフィスで勤務することです。

(自社には正社員として雇用されているが、派遣社員と同じように
指定された会社のオフィスで働く)

出向先は、出向先の会社の人と面談をしてOKが出た上で勤務が決定します。
(出向するのに面談が必要なのはIT業界の悪しき風習らしい)

この「出向先」は基本的に自分で決めることはできないため、
勤務がブラックなのかホワイトなのかはまさに運です。

行きたくない出向先の面接ではわざと落ちるように振る舞う方もいます。
⇒大抵は自社の人事が同行するため、実行できる可能性は低い

しかし、近年は働き方改革の影響で、多少は
ブラックな出向先は減少傾向に見受けられます。

ITエンジニアには、どんな環境で仕事するか分からないということを
理解しておく心構えが必要
です。

出世するためには積極的なコミュニケーションを

ITエンジニアとして出世するためには積極的なコミュニケーションが必要です。

「エンジニアらしく知識・技術で売っていけばよい」と思う方も多いはず。

知識や技術が豊富であることは素晴らしいことですが、
IT業界でそういった人は星の数ほど存在しています。

しかし、それとは対照的に、IT業界で積極的なコミュニケーションを
とれる人は少ないです。
(ITエンジニアは「コミュ障」の人口比率が異常に高い)

IT会社も普通の会社と同じで、人と人が話さなければ仕事(案件)は生まれませんし、
人と話して協力したり、人に教えて教育したりする、コミュニケーションがとても重要です。

つまり、IT業界でコミュニケーション能力が高い人は、さほど知識・技術がなくとも評価される(出世しやすい)傾向にあります。
※ただし、マネジメントのスキルを習得することが前提

ITエンジニアとして早く出世したいのなら、
コミュニケーションスキルを磨く心構えが必要です。

まとめ

ITエンジニアへの就職/転職を考えている人は、以下3点を抑えておきましょう。

ITエンジニアは毎日勉強し続ける仕事
客先常駐の場合どんな仕事をするかはランダムで決定
出世するためには積極的なコミュニケーションを

この記事を通して、ITエンジニアへの就職/転職の「想像と現実のギャップ」
を埋められたことを願っています。